--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


------------------------------------
「いい人・やさしい人の輪よ、もっと広がれ」と思われた方はクリックをお願いします
  

2006.08.14

灯油の配達

1-54 名前: おさかなくわえた名無しさん 02/02/21 17:56 ID:YTClsgXa

10年ほど前、大失恋した。

当時一人暮らしをしていた私の部屋の暖房器具は石油ストーブだった。
今までは彼氏が運んでくれた灯油も自分で買いに行かなければならない。
近所の米穀店に配達をお願いしたところ、そこの嫁と思われる女性が
配達を拒否した。
「えー、おたくマンションでしょ?よそに頼んでよ。うちはダメだから。」
失恋と寒さで震え、泣きながら店先に立っていると奥から初老の男性が
「よければ持って行ってあげるよ。」と。嫁が去った後で。
そのおじいさんは台車で私のマンションまで灯油を運んでくれました。
「わしがもうちょっと若かったら部屋まで運んであげるんだが・・・」
と言ってくれました。

たぶんその米穀店は息子の代に変わっておじいさんはひっそりと暮らして
いたのだと思います。嫁が客に冷たくしているのを見かねて出てきて
くれたんだと。
本当に本当に感謝しています。その後お礼にも行かず引っ越しして
しまったけど、あのおじいさんの事が忘れられません。
今でも元気でいてくれたらなあ、と思わずにはいられません。


1-58 名前: おさかなくわえた名無しさん 02/02/21 20:07 ID:uvFg2c3H

>>54
いい話ですね。向こうは覚えていないかも知れないけど、
親切にしてもらったら、こっちは覚えてますね。
いい人ばかりでは無いけど・・・。
スポンサーサイト


------------------------------------
「いい人・やさしい人の輪よ、もっと広がれ」と思われた方はクリックをお願いします
  

この記事へのトラックバックURL
http://iihito.blog53.fc2.com/tb.php/17-72e02012
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。