--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


------------------------------------
「いい人・やさしい人の輪よ、もっと広がれ」と思われた方はクリックをお願いします
  

2006.08.14

殺伐とした公団を変えた奥さん

1-454 名前: おさかなくわえた名無しさん 02/06/04 02:10 ID:pcTvdStk

少し前まで住んでいた古い団地は、なんか殺伐としていていつ喧嘩が始まってもおかしくない
そんな公団だった。家を一度も掃除したことがない、異臭を漂わせる老婦人、
アル中で夫婦喧嘩が絶えない小梨夫婦、団地の階段は不良の溜まり場、
犯罪者に違いないと目される、全く言葉を発しない40代の独身男性。
それを注意する人もいないというDQNのス窟でした。
ちなみに私は三十路のキッチンドランカーでした。
ある年、30代のご夫婦+子供2人の一家が団地に越してきました。
この一家の奥さんがすごくいい人でした。30代の半ばなのにすごく若々しくて
美しい人で、ハキハキしていて団地内でもご近所でも
誰かに会うと元気よく笑顔で挨拶し、一声かける。いつも人を気遣う人だった。
あの笑顔で話し掛けられると誰もがとてもいい気分になった。
夕方から夜にかけて集まってくる不良どもはこの奥さんの説得によって
姿を見せなくなった。異臭を放つほどまでに掃除をしてない
一人暮らしのおばあさんの家は、奥さんによってピカピカになったらしく
異臭は消え、引きこもりがちだった独居老人も生き生きと外を徘徊するようになった。
アル中夫婦は穏やかになり、犯罪者らしき40男も、誰かれなく挨拶できるまでになって
朗らかになった。
いつもゴミだらけだった共有スペースはいつもピカピカ、住民は率先して
掃除を心がけるようになり、いつの間にか綺麗な植木ばちの花まで置かれ
ゴミ出しの日もきちんと守られるようになった。
以前とは見違えるように綺麗で心地よい団地になった。

あれから2年経って、奥さんがある事件に巻き込まれて団地は元のDQNのす窟に
戻るのだが、ここは「いい人」スレ。
あの凄惨な事件を知りたいと思う人があるかもしれないが、それはまた別の話。


1-457 名前: おさかなくわえた名無しさん 02/06/04 03:47 ID:???

>>454
それは楳図かずおのマンガの話ですか?
スポンサーサイト


------------------------------------
「いい人・やさしい人の輪よ、もっと広がれ」と思われた方はクリックをお願いします
  

この記事へのトラックバックURL
http://iihito.blog53.fc2.com/tb.php/108-53c75acc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。